若い女性の喪服のスカート丈について

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

冠婚葬祭 レディース

ビル

若い女性の喪服のスカート丈について

葬式に出席するファッションと言えば喪服です。
男性は黒のスーツにネクタイと白のワイシャツという組み合わせ、女性の場合は黒のワンピースにジャケットを組み合わせたアンサンブルスタイルが一般的です。
しかしレディースファッションの場合、男性と比べてファッションの多様性があるので着こなしを間違えるとマナー違反になる可能性が高いのです。
一番マナー違反に陥りやすいのがスカートなのですが、葬式に限らず冠婚葬祭においてはスカート丈は膝が隠れるくらいが望ましいです。
スカートの種類はAラインのフレアースカートが基本となっています。
タイトスカートですと座席に腰かけた時や動いた時にずり上がってしまう分、短くなります。
またタイトはスリットが入っていたりするものが多いのでフレアーに比べると膝より上の部分が見えやすくなってしまいます。
若い女性ですと例えフォーマルファッションとは言え、スカート丈を短くしたがる傾向にありますが、葬式に出席した際のことを考えれば露出しやすいスカートは十分気を付けなければなりません。